フルタイムで働くときに子犬を育てるには

あなたがフルタイムで働くときに子犬をうまく育てるためのこのガイドでは、あなたが働くときにトイレに子犬を育てる方法を見つけるでしょう。そして私たちは、仕事中に子犬を訓練するクレートの課題を見ていきます。

私たちはまた、「あなたはどれだけ長く子犬を離れることができますか?」といった難しい質問にも取り組んでいます。
「あなたが働いている間に子犬と何をするか」と「子犬はどのくらいの間木箱に滞在できますか?」

素晴らしいヒントやアドバイスを見つけることができます。また、これが子犬を飼うための適切な時期であるかどうかを判断するのに役立ちます。

なぜフルタイムで働いているときに犬を飼うのですか?
米国の全世帯の3分の1以上が犬を含む。とても多くの人々が犬を愛していることは、あなたにとって驚きではありません。仲間と愛を超えた犬の所有権には利点があります。

たとえば、犬を所有することは、人々を屋外に持ち出そうとする大きな要因となることは間違いありません

オーストラリアの調査によると、犬の所有者は、犬以外の所有者よりも週に平均18分歩いていました。

それは莫大な量ではありませんが、すべての小さなカウント!

もちろん、私たちが私たちの生活の中で犬をしたい主な理由は、私たちがそれらを愛し、私たちの間の共有結合に感謝するからです。

2005年に出版された英国の研究では、ペットの両親の90%以上が犬または猫を大切な家族のメンバーとみなしています

犬の所有権はもちろん軽く取られるものではありませんし、あなたがあなたの犬に感じる愛は二重の剣です。喜びと責任の両方を平等にもたらす

一日中、毎日私たちの犬と一緒に過ごすことは素晴らしいことですが、ほとんどの人が働きます。すべての家庭にはフルタイムの家庭での滞在が含まれていました。

だから、多くの犬が各営業日の一部または全部のために空の家に住んでいることは避けられません。

これは間違っているか、残酷であると感じる人もいます。他人は、犬の所有権がもたらす喜びを奪われて、勤勉な労働者が処罰されるべきではないと感じている

ひどく管理された場合、ペットの両親を働かせることによるペットの所有は、悲しい、無視されたペットをもたらす可能性があることは間違いありません。

しかし、それはよく管理され、関係するすべての人にとって幸いに働くことができます。

まだ犬を飼うべきかどうか決まっていないなら、この記事はあなたが準備ができているかどうかを判断するのに役立ちます

仕事中に小さな子犬だけを残しておけば、おそらく心配することになるでしょうし、あなたがこれをやろうとすればあなたの子犬が安全で、幸せで健康的であることを確かめたいでしょう。

私たちは、子犬が一日中どれだけ長く放置されているか、仕事中は子犬と何をするか、仕事をするときは子犬を育てる方法などについて話します。

大人の犬をケアするよりも子犬をケアする方が関わっているので、子犬のニーズと必要性を考えてみることが重要です